Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 7月29日(水)発売 古川雄大・著『Shine ~新時代俳優の全身と前進~』
  • 7月17日(金)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2020 [秋]号
  • 日経エンタテインメント!10月号予告 2020年9月4日(金)発売 表紙「King & Prince」 特集「“新常態”時代のエンタテインメント」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 今すぐ見たい厳選100作 Netflix&配信動画
表紙 三代目J SOUL BROTHERS

表紙&巻頭は今年11月でデビュー10周年を迎える三代目J SOUL BROTHERS。7人全員が登場し、座談&ソロインタビューで、これまでの歩みや目指す先を語ります。また、THE YELLOW MONKEYが本誌初登場。結成30周年を迎えて、現在初のドームツアーを開催中。変わらぬ“美学”に迫りました。メイン特集は「Netflix&配信動画」。米・アカデミー賞に多数ノミネートされるなどクオリティーの高い作品が急増、日本でも『全裸監督』などのドラマや『バチェラー・ジャパン』などの恋愛リアリティが人気に。オーディション番組から出たJO1など新たな人気者も輩出しています。そんな配信動画の現状と必見番組をまとめました。さらに、『鬼滅の刃』をはじめとする人気作を一気に紹介する「今売れている&これから売れるマンガ」、賞レースやSNSでの支持などから霜降り明星、EXITらに続く若手芸人を探る「第7世代芸人 ブレイク予測通信簿」などをお届けします。

3月号の主な記事をピックアップ!

巻頭特集三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE目指す“KING OF J-POP”の道

誌面:三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

2010年11月にデビューした三代目J SOUL BROTHERSが、今年で10周年を迎える。19年開催のドームツアーは1つのツアーとしては自己最多となる115万人、さらにファンクラブ限定ライブを合わせると年間総動員数125万人以上を記録するなどさらなる成長を続ける彼らに10年の歩み、ソロ活動、そして次なる10年への未来像を語ってもらった。


インタビュー萩原利久×神尾楓珠高校生役、社会人役のどちらもできる時期
ドラマ界の変革も楽しみたい

誌面:萩原利久×神尾楓珠

昨年話題になった連ドラ『3年A組』。この作品に出演していた、生徒役世代となる男優の活躍が目覚ましい。その代表格が萩原利久と神尾楓珠だ。彼らがメインキャストの連ドラ『鈍色の箱の中で』もスタート。普段から仲良しの萩原&神尾コンビに、今感じている自覚や変化について聞いた。


特集Netflix&配信動画今すぐ見たい厳選100作

誌面:Netflix&配信動画

ドラマ『全裸監督』が大ヒットを果たし、10代は『オオカミちゃん』の恋リアにくぎ付け。熾烈なオーディションから「JO1」がデビュー…。気付けばブームの発信地となっている配信動画。映画、ドラマ、アニメにリアリティショーなど、絶対見逃せない至福のコンテンツを紹介しよう。


特集第7世代芸人 ブレイク予測通信簿30組霜降り明星、EXITに続くのは?

誌面:第7世代芸人 ブレイク予測通信簿30組

活気づいているお笑い界。大きな関心を集めている「第7世代芸人」はどういう顔ぶれか。そして、霜降り明星やEXITに続く有力株は? 90年以降生まれの芸人の1年間のお仕事状況を調査。今後の活躍が期待される精鋭30組の評価をここに公開する。


特集今、売れてる&これから売れるマンガ

誌面:今、売れてる&これから売れるマンガ

ヒット作連発の『週刊少年ジャンプ』からシェア拡大中のウェブ&アプリマンガまで〝マンガの今〟を取材。「全国書店員が選んだおすすめコミック2020」の結果と合わせて、面白いマンガを紹介していく。


インタビュー千葉雄大

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

大ヒット映画の続編で、主人公のIT刑事役に。連続殺人犯役の成田凌とギリギリの演技に挑む。

誌面:千葉雄大

Jホラーの大家・中田秀夫監督作で、2018年に北川景子や田中圭の出演で公開された映画『スマホを落としただけなのに』。2月21日に公開となるその続編『囚われの殺人鬼』では、刑事の加賀谷学役で前作にも出演していた千葉雄大が主演を務める。3月で31歳となる彼に、本作の撮影現場や自身を取り巻く今の環境などについて聞いた。


インタビュー
今村美月・中村 舞(STU48)ビートの効いたダンスナンバーで新境地を切り開き最強群舞を見せる 森保まどか(HKT48)松任谷正隆総合プロデュースのピアノアルバムでソロデビュー

誌面:今村美月・中村 舞(今村美月・中村 舞STU48)/森保まどか(HKT48)

これまでのハーモニー路線から一転、ダンサブルな4thシングル『無謀な夢は覚めることがない』を1月29日にリリースしたばかりのSTU48。そして、同日にピアノアルバム『私の中の私』でソロデビューを果たしたHKT48の森保まどか。新たな試みに取り組む、AKB48グループの2組に話を聞いた。


インタビューTHE YELLOW MONKEY30年目の美学

誌面:THE YELLOW MONKEY

結成30周年を迎えたザ・イエロー・モンキーが、意外や意外にも本誌初登場。愛され続ける不滅のロックバンドは現在、全員50代にして、自身初となるドームツアーの最中だ。アルバム発表やツアーなど30周年イヤーの活動を振り返りつつ、歳月を経て生じた変化、さらにはステージにまつわる彼らの美しきイズムを、紙幅の限り届けたい。


 UP