Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!2月号予告 1月4日(木)発売 特集「2018年の主役(仮)」
  • 海外ドラマSpecial2018 [冬]号
  • 日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2018冬
  • 大人のロック!編 ザ・ビートルズ 源流と進化
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

日経エンタテインメント!バックナンバーのご案内日経エンタテインメント!バックナンバー

特集 次世代ヒロインの条件
表紙 欅坂46

表紙&インタビューは欅坂46。デビュー曲『サイレントマジョリティー』が、女性アーティストの初週売り上げ歴代No.1を記録した新星が表紙初登場。猛スピードで変化する今の環境について、率直な思いを語ってくれました。特集は、台頭著しい若手女優にスポットを当てた「次世代ヒロインの条件」。高畑充希、広瀬すず、芳根京子、川栄李奈ら注目の若手女優へのインタビューのほか、ブレイクが相次ぐ「朝ドラ」研究、主役目前の10代女優名鑑などを掲載します。このほか、年々存在感を増す「人気者40組 ファンクラブ最前線」、スペシャルリサーチ「テレビ満足度ランキング」などをラインアップ。インタビューでは、最新PVの撮影現場独占レポートとともにKinKi Kidsが登場。出演映画が次々ヒットしている山崎賢人のロングインタビューもあります。

10月号の主な記事をピックアップ!

特集次世代ヒロインの条件

誌面:次世代ヒロインの条件

この1年、20代前半の女優たちが知名度と実力を急速に高めている。それに続く10代女優もドラマや映画、CMで存在感を示すようになった。今、若手女優シーンはかつてない充実期といっていいだろう。20代の飛躍を「朝ドラ」が担う一方、10代はブレイクの場が多様化。各世代のトップランナーや注目の成長株へのインタビューと研究記事で、「次世代ヒロイン」に求められる条件を探っていく。


リサーチテレビ番組満足度ランキング

誌面:テレビ番組満足度ランキング

テレビ番組の客観的な評価の目安になる視聴率。しかし、オンタイムでテレビを見る人が減ってきているのが現状だ。そこで、テレビ視聴に関する独自のWeb調査をしているデータニュース社の協力を得て、ドラマとバラエティの「満足度」をランキング化。視聴率だけでは分からなかった潜在的な人気番組を明らかにする。


特集ファンクラブ最前線人気者40組にもっと近付ける!!

誌面:ファンクラブ最前線

コンサートのチケットや限定グッズを優先的に購入できたり、会員向けイベントに参加できる特別な権利を得られるのが、アーティストのファンクラブ(FC)。ネットでどんな情報でも入手できる時代に、人とは違う感動を求めるファンたちと、それをかなえるアーティストが今、FCでつながっている。


インタビュー欅坂46結成1年で積み重ねたもの、たどり着いた場所

誌面:欅坂46

乃木坂46に続く坂道シリーズ第2弾として、15年8月21日に誕生した欅坂46。2曲のシングル、初の主演ドラマ、2本の冠バラエティ、大型アイドルフェス出演など話題の途切れない彼女たちが、4月のCDデビュー以降の活動を振り返り、その思いを語る。


インタビュー山﨑賢人10代女性からファン層が急速拡大中
木村拓哉、小栗旬に続く“10年に1人”のスター誕生へ

誌面:山﨑賢人

『ヒロイン失格』は24億円超、『orange -オレンジ-』は32億円の大ヒットを記録し日本アカデミー賞新人俳優賞受賞など、若手俳優のトップに躍り出た山﨑賢人。中高生女子から圧倒的な人気を誇り、朝ドラ、フジ月9でその輪を広げつつある。本誌初登場となる今回は、本人へのロングインタビューと、彼と共にヒット作を生み出してきたクリエイターたちへ取材。あまたいる若手男優のなかで、なぜ今山﨑が強いのか。改めて、その秘密に迫った。


連載K-POP新世代ファイル チャン・グンソク親子二世代にファンが広がり新しいJ-POPに挑戦

誌面:K-POP新世代ファイル チャン・グンソク

ファンが若返り、親子2世代に広がるK‐POP界。幅広い年齢層に向け、新たなスタイルの楽曲に挑戦するアーティストも多い。今回はチャン・グンソクの新展開を紹介する。


特集日本語ラップ人気再燃のなぜ?

誌面:日本語ラップ人気再燃のなぜ?

MCバトル番組『フリースタイルダンジョン』が人気を集めるなか、CMでは「ファンタ」や「氷結」などがラップを扱った作品を発表。新型のイベントも生まれている。日本語ラップシーンが盛り上がる理由を探り、シーンを活性化する個性豊かな新世代ラッパーたちを紹介。さらに日本語ラップの30年史を振り返る。


作品研究「ポケモンGO」ブームの行方を探る

誌面:「ポケモンGO」

7月6日の北米での配信開始後、ワールドワイドで大ヒットとなったスマートフォン用ゲーム『ポケモンGO』。日頃ゲームをプレーしなかった層まで巻き込み、社会現象となった『ポケモンGO』ブームの行方を、業界識者や国内ゲーム開発者の声から探る。


 UP