Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 7月29日(水)発売 古川雄大・著『Shine ~新時代俳優の全身と前進~』
  • 7月17日(金)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2020 [秋]号
  • 日経エンタテインメント!10月号予告 2020年9月4日(金)発売 表紙「King & Prince」 特集「“新常態”時代のエンタテインメント」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 最強バディは誰だ?
表紙 Kis-My-Ft2

表紙&巻頭は来夏にデビュー10周年を控えるKis-My-Ft2。昨年末は『NHK紅白歌合戦』に初出場、初のゴールデンタイムのレギュラー『10万円でできるかな』も好調と、右肩上がりの彼らの現在を、座談会&ソロインタビューでお届けします。メイン特集は「最強バディは誰だ?」。綾野剛&星野源の『MIU404』など、この春は男性ツートップのバディドラマが5本もスタート。ドラマで大旋風を起こした『今日からは俺は!!』が夏に公開となるなど、映画も注目バディ作が相次ぎます。こうした最新作から見逃せない名作、さらに音楽やお笑いなど今旬のバディも紹介。ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』で共演する中島健人&平野紫耀、話題のDJ&MC・Creepy Nutsの連動インタビューもあり。この他、窪田正孝、中村倫也、高畑充希、宮野真守らもインタビューで登場。さらに、春の新番組解説に、『名探偵コナン 緋色の弾丸』の徹底研究なども!

5月号の主な記事をピックアップ!

インタビューKis-My-Ft210周年への助走

誌面:Kis-My-Ft2

来年の夏にやってくる10周年に向かうなか、Kis-My-Ft2が勢いを見せている。アルバムやライブ制作の舞台裏、グループの位置づけ、個人で思うことなどをじっくり聞いた。


特集最新作&超名作 最強バディは誰だ?ドラマ&映画で急増!今こそ見たい“男の絆”

誌面:最新作&超名作 最強バディは誰だ?

この春は一気に5本のドラマが始まるなど“男性バディ”ものが急増。熱い男同士のタッグを描く作品が、大きな注目を集めそうだ。絶対見たいドラマ&映画の最新作に、心を震わせたあの超名作、そして今旬の2人組まで、“最強バディ”を一気に紹介する。


特集必見!新番組「春」の陣派手な改編はないが攻めの姿勢。お笑い、音楽に復権の兆し

誌面:必見!新番組春の陣

毎年4月と10月に大きな改編があるテレビ界。この春はどんな新番組が登場するか。ドラマは近年まれに見る華やかさで話題作豊富、バラエティも新鮮味のあるラインアップに。今期は番組の評価の指標が変わるタイミングでもある。テレビ界の動きをダイジェストでお伝えする。


インサイドレポート 緊急拡大版新型コロナウイルスからエンタテインメントを守るために

誌面:緊急拡大版 新型コロナウイルスからエンタテインメントを守るために

新型コロナウイルスの影響は、映画、アニメ、出版など広範囲に及ぶが、特にライブエンタテインメントの被害は深刻だ。ではなぜここまでの事態に陥り、現在どのような損失が生まれているか。また政府に出した要望、アーティストの取り組みにも迫った。


特集劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』真空超伝導リニアを舞台にVIP誘拐事件が勃発。人気の赤井秀一と赤井一家による総力戦を徹底解説

誌面:劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』

国民的アニメ『名探偵コナン』の最新劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』が今年も公開。昨年の23作目『紺青の拳(フィスト)』がシリーズ最高となる興行収入93億円超となるなど、さらなる記録の更新も期待される今作の全貌に迫る。


インタビューエール 窪田正孝音楽と共に生きた夫婦の愛の物語

誌面:エール 窪田正孝

06年にデビューした窪田正孝のブレイクスルーとなったのが、ヒロインを一途に思う青年・朝市を好演して一気に知名度と人気を得た、2度目の朝ドラ『花子とアン』(14年)だった。そんな彼が、作曲家の小関裕而をモデルにした古山裕一役で『エール』に主演する。朝ドラで男性が主人公になるのは『マッサン』(14年)以来、6年ぶりだ。


インタビューミス・サイゴン 高畑充希オーディションで手にした悲劇のヒロイン役は「大きくなれよ」というおぼし召しと思って

誌面:高畑充希

戦争という極限状態の中で描かれる愛の物語『ミス・サイゴン』。日本初演は1992年で、以来、通算上演回数1463回を数える大ヒットミュージカルが4年ぶりに上演される。ヒロインのキム役で、厳しいオーディションを突破した4人の女優の1人が高畑充希だ。


クリエイター座談会攻殻機動隊 SAC_2045世界的人気作『攻殻機動隊』新シリーズが始動。楽曲に常田大希(King Gnu)らのプロジェクト

誌面:攻殻機動隊 SAC_2045

マンガ家の士郎正宗が1989年に発表したSFアクションマンガ『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』。これまでにアニメやハリウッドによる実写映画化などもされた人気作の新シリーズが登場する。監督は神山健治と荒牧伸志、オープニングテーマは常田大希(King Gnu)による新プロジェクト、millenium paradeが手掛ける。


インタビュー運上弘菜(HKT48)指原卒業後初のシングルを発売。新センターは北海道出身の21歳

誌面:運上弘菜(HKT48)

4月22日にHKT48がシングル『3-2』をリリースする。指原莉乃卒業後初となる作品で、初めてのセンターに選ばれたのは運上弘菜。北海道出身ながら雑誌で見た指原に憧れ、博多を拠点とするHKT48に16年に加入した21歳だ。


インタビュー中島健人 × 平野紫耀共に、前へ

誌面:中島健人×平野紫耀

『未満警察ミッドナイトランナー』で、中島健人と平野紫耀がW主演する。同じ事務所内でのグループを超えた先輩と後輩のタッグ。この作品が2人にどんなものをもたらすのか。ドラマに懸ける意気込みと、今抱いている率直な思いを中島、平野に聞いた。


インタビュー宮野真守「いい役に出会いたい」トップランナーの止まらない挑戦

誌面:宮野真守

4月22日に19thシングル『光射す方へ』をリリースする宮野真守。大作ミュージカル主演、この6月にはメットライフドームと、声優業はもちろん、舞台俳優、アーティストとしても第一線で躍動。活動の幅を広げる声優をリードする存在となった宮野に、新曲へ込めた思い、そして「今」と「これから」について聞いた。


インタビュー中村倫也誰の背中も追わない。オリジナルでありたい。

誌面:中村倫也

昨年は出演連ドラ『初めて恋をした日に読む話』や『凪のお暇』が話題になり、『アラジン』など5本の映画に出演した中村倫也。高い演技力と柔らかいたたずまいで多くの人を引きつけている彼が、この4月期に、芸歴15年にして初めてGP帯で主演する。どんな思いで取り組んでいるのか。現在の俳優としての立ち位置についても語ってもらった。


 UP