Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!1月号予告 12月4日(火)発売 表紙「King & Prince」特集「2018年ヒット総まくり」
  • 10月29日(月)発売 日経エンタテインメント! アニメSpecial 声優バイブル2019
  • 10月16日(火)発売 エド・はるみ著「ネガポジ反転で人生が楽になる」
  • 9月11日(火)発売 日経エンタテインメント!女優Special 2018秋
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 “解散”“卒業”という決断
表紙 AKB48グループ

表紙&インタビューはAKB48。テーマは「国内5グループの現状と課題」。指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、山本彩、柏木由紀ら総選挙上位+初選抜のメンバーが、それぞれ所属グループの“今”を語ります。さらに、卒業を発表したばかりの島崎遥香の緊急インタビューも掲載しました。もうひとつのロングインタビューは、Kis-My-Ft2の玉森裕太と藤ヶ谷太輔。デビュー6年目に入った彼らが今の立ち位置を自己採点します。特集は「“解散”“卒業”という決断」。バンドやグループが危機を迎える時期は?卒業後の女子アイドルの進路は?など、人気者たちの別れ際を研究しました。℃-ute、深川麻衣、柴田阿弥も登場します。ほかに「今、見るべき7大アニメ」「コンサート動員数ランキング」などもラインアップ。Aqours、SEKAI NO OWARIのインタビューも。

12月号の主な記事をピックアップ!

インタビュー島崎遥香いつものAKB48とは違う現場でものづくりの考え方が変わりました

誌面:島崎遥香

AKB48を年内で卒業することを発表した島崎遥香。46thシングル『ハイテンション』で最後のセンターを務める彼女が、卒業を決意した理由や、グループへの思いを語る。


特集「解散」「卒業」という決断人気者たちの“別れ際”と“進路”を検証

誌面:「解散」「卒業」という決断

デビュー25周年のSMAPが突然の解散、10周年のKAT-TUNは活動休止を選択、今年は人気グループの急停止が相次いだ。一方、女子アイドルの世界では、高橋みなみ、小嶋陽菜、島崎遥香ら人気メンバーがAKB48から卒業へ。やはり“別れの時” が注目されている。解散・休止の危機はいつ訪れるのか。そして今、女子アイドルが進む道は?人気者たちの別れ際と進路を検証する。


特集今、見るべき7大アニメ『3月のライオン』『クラシカロイド』『ALL OUT!!』『この世界の片隅に』ほか

誌面:今、見るべき7大アニメ

新海誠監督の映画『君の名は。』が邦画史に名を残す偉業を達成するなどアニメへの注目度がさらに高まるなか、10月期スタートのテレビアニメ、11月公開以降の映画も力作ぞろい。特筆すべき7作品を中心に紹介する。


インタビューAqours9人が語る『ラブライブ!サンシャイン!! 』

誌面:Aqours

スクールアイドルを目指す女子高生を描き社会現象になった『ラブライブ!』の新シリーズ『ラブライブ! サンシャイン!! 』。この7~9月でテレビ放送され、除々に人気を高めてきた9人組のスクールアイドルAqoursと作品の魅力に迫る。


インタビューSEKAI NO OWARI 社会貢献に海外進出…人気バンドの次の挑戦

誌面:SEKAI NO OWARI

今年前半は全国アリーナツアーに約25万人を動員するなど、今やトップアーティストとなったSEKAI NO OWARI。だが、約1年ぶりの新作は「動物殺処分ゼロプロジェクト」の支援シングル。海外進出も本格化するなど、まだ攻め続ける。


リサーチ2016年版 コンサート動員力ランキング1位はBIGBANG 女性グループはももクロ ロックバンドはバンプ

誌面:2016年版 コンサート動員力ランキング

コンサートの市場規模は、昨年音楽ソフト市場を抜き、成長し続けている。エンタ!では公演数と会場規模から、アーティストの「動員力ランキング」を算出。CDの売り上げチャートからは見えてこない、観客を集められるアーティストを探った。また「音楽フェス動員数ランキング」で、今年人気となったフェスを調査した。


インタビューAKB48グループ国内5グループの実力と課題を徹底比較

誌面:AKB48グループ

国内5つを合わせると300人以上が所属するAKB48グループ。メンバーは卒業や加入を繰り返し、常に趣向を凝らした新しいイベントやコンサート、劇場公演などに挑み続ける。そんな変化を続ける彼女たちの2016年をグループごとに振り返る。


特集30代男優の逆襲インタビュー 小栗 旬 小泉孝太郎

誌面:30代男優の逆襲

3年前に40歳以上にスポットが当たり、昨年は20代の新顔が続々と登場してきた男性俳優界。そして、実は今注目なのが30代だ。活躍の仕方に多様性が出て、人気も再上昇している。タイプ別に解説すると共に、今後期待できる面々を紹介する。


特集定額制動画配信ビジネス最新動向ユーザー獲得のため急増するオリジナル作品を見逃すな

誌面:定額制動画配信ビジネス最新動向

どこにいても好きなだけ映像を楽しめる定額制動画配信サービス。外資の参入で競争が活発化し、告知合戦でユーザーの認知度も上がっている。各社は他にない新企画を次々と打ち出し、アイデア合戦でマーケットが盛り上がっている。


 UP