Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!7月号予告 6月4日(月)発売 表紙「AKB48」 特集「2018年上半期ヒット(予定)」
  • 2018年4月28日(土)発売 生駒里奈・著「立つ」
  • 2018年4月19日(木)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial2018[夏]号
  • 日経エンタテインメント!アイドルSpecial 2018春
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 そろそろ見るべき配信動画 厳選50作
表紙 松本潤

表紙&インタビューは松本潤。16年春の『99.9-刑事専門弁護士-』が好評を博し、現在第2シーズンが放送中。『花より男子』以来となるシリーズ化に際し、率直な演技観を語ってもらいました。巻頭では、8年間在籍したももいろクローバーZから突然の卒業となった有安杏果に緊急インタビュー。高城れにのコメントも交え、残る側・去る側それぞれへの思いを聞いています。特集は「そろそろ見るべき配信動画50」。テレビ、映画に勝るとも劣らないオリジナル作が次々登場する中、各サービスの動向と必見の作品をまとめました。さらにSexyZoneインタビューに高橋一生×齊藤工対談、新星が次々と現れる現状をまとめた「ボーカルグループ最新勢力図」、『アイドリッシュセブン』を筆頭とした「アイドルアニメ」研究など、バラエティに富んだラインアップでお届けします!

3月号の主な記事をピックアップ!

緊急インタビュー有安杏果8年間の活動に終止符
“4人のももクロ”に思うこと

誌面:有安杏果

誰もが“不動の5人”と思っていたももいろクローバーZから、突然の卒業となった有安杏果。
発表から2日後、8年間の活動を振り返りつつ、残るメンバー4人とファンへの思いを聞いた。


特集ボーカルグループ最新勢力図2018

誌面:ボーカルグループ最新勢力図2018

女子アイドルブームが長らく続くなど、音楽業界の一大勢力となっているボーカルグループ勢。BTS(防弾少年団)、TWICEといった新顔がブレイクする一方、AKB48から渡辺麻友、ももいろクローバーZから有安杏果が卒業するなど動きも激しい。今勢いがあるのはどのグループなのか、次にブレイクの可能性を秘めた新顔は?など、ボーカルグループの今を解説する。


スペシャル対談高橋一生×齊藤工2人が考える映像作品の“今”

誌面:高橋一生×齊藤工

映画、ドラマ、配信と作品制作の場が増える昨今。
その最前線で活躍する2人の俳優が、今の時代の作品への向き合い方を語る。


特集そろそろ見るべき配信動画 厳選50作

誌面:そろそろ見るべき配信動画 厳選50作

テレビや映画といったこれまでのメディアに続き、オンライン動画配信サービスの台頭が著しい。各サービスは他との差別化を図るため、バラエティやドラマなど、様々なオリジナルコンテンツの制作に取り組んでいる。各サービスの動向を整理するとともに、見逃せない必見作品を一挙に紹介する。


スペシャルレポートアメリカ&日本 アカデミー賞これが本命!昨年のような番狂わせはあるのか?

誌面:アカデミー賞これが本命!

1月23日(現地時間)、第90回アカデミー賞のノミネートが発表された。『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補になり8部門の『ダンケルク』が続く。ハリウッドに影を落とすセクハラ問題はアカデミー賞にどう影響するのか。候補作の見どころを中心に、賞の行方を解説。併せて日本アカデミー賞も紹介する。


特集アイドルアニメ新潮流スマホゲームでリアル超えの人気も

誌面:アイドルアニメ新潮流

『アイドルマスター』『ラブライブ!』─2010年代前半を席巻した「女性アイドルアニメ」に続きここ1年で勢いを増すのが「男性アイドルもの」だ。スマホゲームを起点に楽曲、アニメ化、ライブなど拡大、リアルアイドルにも勝るその現象を紐解く。


研究劇場版『Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ』タツノコ4大ヒーロー集結の3DCG作品が劇場版に

誌面:劇場版『Infini-T Force ガッチャマン さらば友よ』

タツノコプロ創立55周年記念作『Infini-T Force』は、1970年代の大ヒットアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』を筆頭に、『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』『宇宙の騎士テッカマン』の主人公たちが登場する意欲作。タツノコの伝説的ヒーローたちが登場する3DCGアニメ映画はどのように作られたのか。劇場版を担当した松本淳監督と、キャストの関智一、櫻井孝宏に聞く。


リサーチ今コレが面白い!マンガ10全国書店員が選んだおすすめコミック2018

誌面:今コレが面白い!マンガ10

毎年恒例となった、書店員のおすすめをランキング化した「全国書店員が選んだおすすめコミック」。
ランクインした作品の今年のキーワードは「ファンタジーの多様化&細分化」。
書店員らの座談会で見えたトレンド傾向や解説、選ばれたトップ10+5作の読みどころを紹介する。


 UP