Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!12月号予告 11月2日(金)発売 表紙「相葉雅紀」 特集「今、読むべきマンガ/声優界最新事情」
  • 10月16日(火)発売 エド・はるみ著「ネガポジ反転で人生が楽になる」
  • 9月11日(火)発売 日経エンタテインメント!女優Special 2018秋
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 1億人のアニソン
表紙 NEWS

表紙&インタビューはNEWS。9人組でデビューしたものの、12年には4人で再始動。苦難の道を乗り越え、8月には『24時間テレビ』のメインパーソナリティを務めるなど、再び脚光が当たる彼らに、その決意を聞きました。特集は今や一大ジャンルとなった「1億人のアニソン」。LiSA、藍井エイル、OLDCODEX、ワルキューレ、小野大輔といった最旬アーティストのインタビューのほか、「アニソン40年史」として、『タッチ』『Get Wild』『1/3の純情な感情』といった名曲の制作秘話もお届け。さらに人気声優アーティスト・宮野真守の新連載もスタートします。このほか、注目の「リオ五輪楽しみ方ガイド」「夏の3大邦画研究」などもラインアップ。インタビューではNMB48を卒業する渡辺美優紀、テミン(SHINee)、バナナマンらも登場します。

9月号の主な記事をピックアップ!

特集リオ五輪見どころ早分かりガイド

誌面:リオ五輪見どころ早分かりガイド

8月5日から21日までの17日間、ブラジル・リオデジャネイロで夏季オリンピックが開催される。4年に一度のトップアスリートたちの活躍を一挙に見られるチャンス。テレビや音楽、パブリックビューイング、SNSなどで、応援しながら楽しもう。


作品研究夏の3大邦画研究シン・ゴジラ/秘密 THE TOP SECRET/君の名は。

誌面:夏の3大邦画研究

今年の夏映画の前半戦は、『ファインディング・ドリー』や『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』といった洋画作品が話題を集めた。
しかし、後半戦は邦画の大作が目白押しだ。なかでも、特に映画館など興行主から期待度の高い3作品を、監督と主演のインタビューを交えて分析する。


特集1億人のアニソン

誌面:1億人のアニソン

アニメの中の劇中アイドルが、『NHK紅白』に出場。今や若者たちの間でJ-POPと変わらぬ一般性を持ち、エンタテインメント界の中で存在感を強めている“アニソン”。振り返れば、1970 ~80年代のアニメ黄金期に始まり、2006年、キャラソンを変えた『涼宮ハルヒ』の登場、そして今、アニソンを核にジャンルレスに活躍するアーティストたちが、多数人気者となっている。この特集では、今に至るまでの“懐かしの名曲”から、アニソンの最旬事情まで、全網羅型で紹介していく。


連載K-POP新世代ファイル Apink韓国ガールズ低成長時代でも一人勝ちできる理由は?

誌面:夏休み映画ヒットカレンダー

K‐POP市場をけん引する新世代を追う連載コラム。今回は日本で活動する韓国のガールズグループで随一の人気を誇るApinkの人気ぶりとその理由について分析する。


インタビュー卒業直前インタビュー 渡辺美優紀「今だから」語れる本当の自分

誌面:乃木坂46

NMB48の1期生、渡辺美優紀は4月に卒業を発表。8月9日に劇場で卒業公演を行う。ラストシングル『僕はいない』で約5年ぶりにセンターを務める彼女が卒業を決心した理由や、握手会などグループの活動を通しての思いを語る。


インタビューテミン(SHINee)東方神起の弟分 “日本活動5年”と次なる一手

誌面:テミン(SHINee)

重力無視のダンスと、その体に似て線の細い、しかしエネルギッシュな歌声。きっと今後アジアのエンタ界を面白くしていくであろう23歳の怪物がついに日本でソロデビューした。“見せる音楽”にすべてを捧げた彼の、頭の中を少しだけ覗いてみたい。


新連載宮野真守 Meet&Smile声優・役者・アーティスト事始め

誌面:宮野真守 Meet&Smile

移り変わりの早いエンタテインメント界において、今、アニメーションの世界的人気に伴い、注目度が高まっている「声優」。そのトップランナーの1人である宮野真守が自身を語り下す連載が、今月からスタート。初回は、声優の他アーティスト、さらに今夏帝劇にも立つ“プレイヤー・宮野”の起源を初公開エピソード込みで披露。


インタビューバナナマンレギュラー数No.1コンビになるまで

誌面:バナナマン

94年のデビュー以降、“実力派コント師〟として一目置かれる存在だったバナナマン。これまで、分かりやすいブレイクがあったわけではない。しかし、いつの間にかバラエティ番組に欠かせないコンビになり、MCもひな壇もこなす万能芸人として引っ張りだこになった。現在、全タレントのなかでレギュラー本数はNo.1。ここに至るまでの歩みを探る。


特集今、求められる女優・タレントは? オーディション夏の陣

誌面:今、求められる女優・タレントは?

今年の夏は、歴史あるものから新規開催までバラエティに富んだオーディションが開催されている。各芸能事務所はどのような女優やタレントを求めているのだろうか、その狙いを探った。


 UP