Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!ももクロ道 5人とともに目指す先
  • 日経エンタテインメント!アイドルSpecial2017
  • 日経エンタテインメント!4月号予告 3月4日(土)発売 表紙「KinKi Kids」創刊20周年記念特大号
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 2017年の主役&必見作100
表紙 乃木坂46

表紙&インタビューは乃木坂46。橋本奈々未、白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花ら最新シングルの11福神が、デビュー5周年を迎えるグループの現在を語ります。北野日奈子、新内眞衣、鈴木絢音の座談とともに2期生研究の記事も掲載しました。特写ピンナップ付きです。また、新春スペシャル企画として堂本光一×井上芳雄の対談をお届け。現在のミュージカル界を引っ張る2人が、舞台の魅力から知られざる楽屋話までたっぷり語ります。特集は「2017年の主役&必見作100」。今年、注目すべき人と作品をすべて総ざらいしました。小松菜奈、大谷亮平、水曜日のカンパネラなどがインタビューで登場します。ほかに「冬ドラマ早分かりガイド」「研究・傷物語」「タレントショップ最新事情」などもラインアップ。草なぎ剛、水樹奈々のインタビューも掲載いたします。

※草なぎの「なぎ」は弓ヘンに前の旧字の下に刀

2月号の主な記事をピックアップ!

インタビュー有村架純16年の“迷い”を払しょく朝ドラへと突き進む

誌面:有村架純

20代前半の女優のなかで頭一つ抜けた感のある有村架純。17年はNHK連続テレビ小説で主演を果たし、3本の出演映画も待機。さらなる高みを目指す年となる。


特集2017年の主役&必見作100PART1 2017年の主役たち&PART2 2017年ヒットカレンダー

誌面:2017年の主役&必見作100

新年の幕開けは、今年も恒例となったエンタ界の「主役」特集からスタート。この1年間の活躍が期待される人を、俳優、音楽からお笑いまでオールジャンルで紹介する。さらに、大きな注目を集めそうな映画やドラマ、施設など、ヒット候補の作品も総ざらい。この特集を読めば、今年1年のエンタライフを先取りできること請け合いだ。


特集冬ドラマ早分かりガイド元SMAPの2人が意欲作で主演、通好みの座組にも期待大

誌面:冬ドラマ早分かりガイド

前クールでは『ドクターX』が快走したほか、新たなヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』が生まれて活気づいたドラマ界。この冬は様々なジャンルの作品が偏りなくそろっている。好みに合うドラマがあるか、ラインアップを見ていこう


インタビュー乃木坂46デビュー5年で迎える初の試練

誌面:乃木坂46

今年2月にデビュー5周年を迎える乃木坂46。右肩上がりで活動を続け、現在はどんな位置にいるのか他のグループの5年目と彼女たちの到達点をデータから比較して、強みと弱みを探る。インタビューでは、最新シングルの十一福神が3つの立場ごとに分かれ、最近の活動を振り返る。


作品研究傷物語アニメ界をけん引する西尾維新原作『〈物語〉シリーズ』初の劇場版を徹底解説

誌面:傷物語

00年代を代表する作家の1人、西尾維新の代表作で09年から制作会社シャフト×新房昭之総監督によりテレビアニメ化されている、〈物語〉シリーズ。その始まりの物語が、『傷物語』だ。同作の劇場映画3部作の完結となる『冷血篇』の公開を前に主要キャストや作り手、そして西尾維新のインタビューにより映画の見どころを改めて明らかにしていく。


インタビュー水樹奈々声優活動20周年、“第3期”の幕開けへ

誌面:水樹奈々

12月21日に約1年ぶりとなる通算12枚目のアルバム『NEOGENE CREATION』をリリースした水樹奈々。声優アーティストの先頭を走り続ける彼女がこの作品で表現したかったこと。それは「新しいこれからの自分」。昨年4月に行った自身2度目の東京ドーム公演が契機となった新作と、未来について聞く。


特集タレントショップ最新事情「見て」「食べて」「買って」「ファン同士語り合う」でファンの聖地に

誌面:タレントショップ最新事情

多忙な歌手にはなかなか会えなくても、キャラクターや3D、ホログラムなど立体映像、アーティストが考えたフードやグッズなど、バーチャルにファンとスターが交流するのが今どきのタレントショップだ。


 UP