Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!3月号予告 2月4日(月)発売 表紙「PRINCE OF LEGEND」特集「エンタ界“王子”の系譜」
  • 1月18日(金)発売 映画刀剣乱舞 オフィシャルガイド
  • 12月11日(火)発売 大人のロック!編 ザ・ビートルズの世界地図
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 2016年ヒット総まくり
表紙 嵐

表紙&インタビューは嵐。「僕ら5人のHappyへの力」と題して、5人の座談会と個別インタビューを掲載。総力特集は「2016年ヒット総まくり」。PART1・ヒット番付、PART2・2大ヒット作解説(『君の名は。』『ポケモンGO』)、PART3・年間ヒットランキング、PART4・芸能ニュースTOP20、PART5・2016年ビジネストレンド、PART6ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー、PART7・男優・女優80人お仕事通信簿と、エンタ界をいろんな角度から振り返ります。16年の主役インタビューは、高畑充希、菅田将暉、ピコ太郎、渡辺直美、西野七瀬。この1冊で2016年のヒットと人気者がすべて分かる保存版です。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』をはじめ話題作ぞろいの「正月映画ガイド」、ベスト盤がリリースされる「SMAPサウンド解体新書」など、他の記事も充実しています。

1月号の主な記事をピックアップ!

2016年の主役 インタビュー高畑充希“主演女優”へ駆け上がった1年間

誌面:高畑充希

ヒロインを演じた朝ドラ『とと姉ちゃん』が高視聴率を獲得。初主演映画『植物図鑑』もヒットし、今年の“主役”となった高畑充希。16年の自身の成長や主演についての思いを語ってもらった。


朝ドラスペシャル対談相楽樹×杉咲花妹2人が振り返る『とと姉ちゃん』

誌面:相楽樹×杉咲花

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』で主人公の妹役を演じて、大きく知名度を上げた相楽樹と杉咲花。
高視聴率ドラマで愛された「小橋家」の次女と三女が朝ドラ出演で得たものとは。


2016年の主役 インタビュー菅田将暉全部やりたいから上を目指す

誌面:菅田将暉

「“出てる感”を作りたい」と、満を持して挑んだ2016年。本業の俳優業では連ドラ2本、映画は主演作を含め9本。CMも好評のauをはじめ8本を数え、圧倒的な物量でエンタ界を席巻。
怒涛の日々だった16年を振り返り、17年への熱い思いを語ってもらった。


特集2016ヒット総まくり

誌面:2016ヒット総まくり

「セールス」「新規性」「社会影響度」を基準に「ヒット番付」を作成。
この1年を代表する40作品&人気者の活躍ぶりを振り返る。


特集2大ヒット作解説『君の名は。』『ポケモンGO』

誌面:2大ヒット作解説

『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』を抜き、邦画の興行収入4位に入ったアニメーション映画『君の名は。』と、国民的アプリゲームになった『ポケモンGO』。
2016年を代表し、世界的な作品になった2作を、改めて解説していく。


2016年の主役 インタビューピコ太郎世界的ヒットに隠された秘密

誌面:ピコ太郎

9月ごろ彗星のように現れたピコ太郎は、今やテレビで話題にならない日はないほどの活躍ぶり。
彼を世界のスターダムに押し上げた『PPAP』には、大ヒットするだけの理由があった。


2016年の主役 インタビュー渡辺直美世界に通用する才能が開花

誌面:渡辺直美

キレのある動きでビヨンセを完コピするモノマネでブレイクし、芸歴10年目。節目となった16年に、インスタ女王、世界ツアーと、新たな領域でさらに羽ばたいた。


特集年間ヒットランキングバラエティ・ドラマ・CM・アニメ・ゲーム・音楽・本・映画

誌面:年間ヒットランキング

8大ジャンルの年間ランキングからブームとなった作品を一挙に紹介。視聴率、CDセールス、興行収入に加え「テレビ録画率」や「動画再生」など新指標も参考に“本当のヒット”を探る


特集メディアが注目した芸能ニュースTOP20

誌面:芸能ニュースTOP20

ワイドショーを連日にぎわせた芸能ニュースにはどんなものがあったか。ランキングで振り返ると共に、報じる側の『週刊文春』と、トークテーマにしている『ワイドナショー』に話を聞いた。


特集2016年ビジネストレンド世界に広がるジャパニーズ・エンタテインメントに新しい動き

誌面:2016年ビジネストレンド

「プレステ VR」やジャパニメーションの観光資源化、自作自演パフォーマーの世界進出など、ワールドワイドな広がりを見せるヒット現象が多く見られた1年だった。


特集Hit Maker of the Year 2016第5回 日経エンタテインメント!プレゼンツ

誌面:Hit Maker of the Year 2016

エンタテインメントの作り手やクリエイターを称える本誌の「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー」。2016年のグランプリは、編集部満場一致で、アニメーション映画『君の名は。』の新海誠監督に決定。以下、各賞と共に紹介していく。


特集2017年正月映画ガイド人気シリーズが新機軸を打ち出した大作がズラリ

誌面:2017年正月映画ガイド

16年の冬シーズンも、話題の映画が相次いで公開される。興行をけん引すると期待される注目の10作品を厳選して紹介する。


2016年の主役 インタビュー西野七瀬(乃木坂46)右肩上がりの今こそ初心が大切

誌面:西野七瀬(乃木坂46)

最新シングル『サヨナラの意味』が出荷100万枚を超え、国民的アイドルとなった乃木坂46。ソロ活動も充実し、グループの顔となった西野はこの1年をどのような思いで歩んできたのか。


特集男優・女優80人お仕事通信簿2016年版

誌面:男優・女優80人お仕事通信簿

男優では、マルチな活躍を見せた菅田将暉と、主演映画と大河ドラマで存在感を見せた大泉洋の2人が最高得点を記録。女優は、広瀬すず、高畑充希、松岡茉優の3人が80点台という、10代~20代前半が存在感を示す結果に。


特集ヒットランキング&番付ヒストリー 1997▶2016日経エンタテインメント!20周年イヤー突入記念

誌面:ヒットランキング&番付ヒストリー

1997年4月創刊の『日経エンタテインメント!』は2017年で20周年。毎年1月号の人気企画であるヒットランキング特集のトップ10を20年分まとめて紹介する。


 UP