主な記事をピックアップ!
images

【表紙/インタビュー・研究】

EXILE

“PERFECT”を超えて、次に目指すもの

ベスト盤3枚が400万枚超の出荷、5大ドームツアーで40万人を動員、賞レースでは15冠に輝く――「EXILE PERFECT YEAR」を掲げて駆け抜けた08年のEXILE。彼らは確かに“PERFECT”だった。完璧な1年を終えたEXILEは、次にどこを目指すのだろうか。

images

images

【インタビュー】

宮藤官九郎

書き下ろし新作
『少年メリケンサック』の作り方

名前で客を呼べる存在が少なくなったといわれるエンタ界において、宮藤官九郎は“指名買い”される数少ないクリエイターだ。その最新作は自身のオリジナル脚本による監督映画。製作秘話を聞いた。


【特集】

ワザありタレントの時代

あの芸能人のヘンな趣味・特技が丸わかり!

images

様々な趣味や特技をアピールするタレントを目にする機会が増えている。家電製品、鉄道、ガンダム、料理…。そう、「ワザありタレント」がブームになっているのだ。彼らは自らの趣味・特技をどのように仕事に生かしているのか? ワザ自慢のタレントたちを紹介しながら、彼らが求められている理由を探った。

images

細川茂樹

images

土田晃之

images

水野裕子


【特集】

最強&次世代歌姫は誰だ?

images

いま最も影響力がある“最強の歌姫”は誰なのか――。08年の「CDシングル」「CDアルバム」「着うたフル」の売り上げ、「ライブ」の動員数、どれだけ多くの人の関心を引きつけているかの「人気度」、の5部門のデータを集計。その合計ポイントから、女性ボーカル総合力トップ20をランキング化した。また、次世代を担う女性ボーカルも併せて紹介する。


【特集】

エンタ企業最新勢力図2009

合併・買収・業務提携…サバイバルレースが始まった

不況だ不況だと言われるなか、それでも業績を伸ばしている業界やエンタ系企業はあるのか? 苦難の時代を乗り切るため、各企業が打つ一手は? テレビ・映画・音楽・出版・ゲーム――、変化の早いエンタ界各社の最新事情をお届けしよう。


【特集】

お笑いスタイル流行り廃り

『M-1グランプリ』から読み解く新潮流

images

08年末も大いに盛り上がった漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』。大会から見えてきたお笑いスタイルの最新型とは? 優勝したNON STYLEのインタビューや審査員を務めた渡辺正行の証言などから読み解いた。


【特集】

アカデミー賞候補作、見どころ完全ガイド

アカデミー賞のノミネートが1月22日に発表された。近年は殺伐としたテーマの候補作が多かったが、今年は感動作や未来への希望に満ちた作品が多く、様変わりした。2月22日の授賞式を前に、いち早く話題作を押さえておこう。


【インサイドレポート】

●エンタ界が続々起用する京都の小劇場、「ヨーロッパ企画」とはどんな集団?
●直木賞・芥川賞が発表。両受賞作に共通する、現在ならではの作品性とは?

 ワザありタレントの特集はいかがでしたか。インタビューに登場した細川茂樹さんは、わざわざ編集部まで足を運んでいただき、家電や投資について熱く語ってもらいました。土田晃之さんはテレビ局での取材。番組の収録が終わってお疲れのところでしたが、話し始めるとサッカー、ガンダムから女子ボウリングまで思わず引き込まれてしまいます。さすがトークの達人でした。
 水野裕子さんは取材日にちょうど届いたという「おさかなマイスター」の合格通知書を持っての撮影に。「魚は釣るのも、食べるのも、見るのも大好き」という彼女ですが、まさか高校時代に3年間、回転寿司屋でアルバイトをしていたとは。握りのポーズ、なかなかキマッテいました。(高宮 哲)

 特集では女性アーティストを特徴別に分類して分析しましたが、その枠に収まらない期待の新人さんも多いです。ここではそんなアーティストをご紹介! まずは、本誌の発売日にデビューのひいらぎ。北海道の路上でギターをかき鳴らしてきた女性3ピースで、若者向けのメッセージやラブソングがオヤジの胸にもグッと染みる。特に歌詞の破壊力にやられます。1月に初のミニアルバムを発売したMay'nは18歳とは思えない説得力のある歌唱力とステージパフォーマンスが圧巻。昨年はアニメ『マクロスF』の歌姫で大活躍しましたが、彼女のポテンシャルならいろんなジャンルの壁をぶち壊してくれそう。そして、音楽業界で話題沸騰中の相対性理論には自分もずっきゅんとはまり中。病み付きになるメロディーと過剰にソフトな歌声は仕事中の現実逃避に最適。そんな軟弱な音楽班の記事作りを手伝ってくださる、ライターさん編プロさんを引き続き絶賛募集中です。(上原太郎)

 今月号の表紙は、EXILEの最年長と最年少の2人にご登場いただきました。日ごろは女性が1人で表紙を飾ることが多いエンタ!なので、「あれ?」と思った方も多いのでは。編集部でも最初に見本ができたとき、「おぉー!?」と驚嘆とも戸惑いとも取れる声が上がりました(笑)。
 HIROさんの話を聞いていて思うのは、リーダーの役割として大切なのは、チームがうまく回っていくための仕組みをきちんと構築すること。彼自身、頂点を極めた後に辛酸をなめた時期を経験したことが今に生きているようです。
 エンタ!では、今後もつくり手の物の見方や発想術にどんどん迫っていこうと思っています。ご期待ください。(編集長・吉岡広統)

表紙
icon

さらに詳しい目次はこちらからご覧いただけます。

images

倉木麻衣

images

NON STYLE

images

平愛梨

images

はんにゃ

images

石橋杏奈

images

UVERworld

images

小川洋子

images

松永かなみ

ご購入はこちらから
このページのトップへ