Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 7月29日(水)発売 古川雄大・著『Shine ~新時代俳優の全身と前進~』
  • 7月17日(金)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2020 [秋]号
  • 日経エンタテインメント!10月号予告 2020年9月4日(金)発売 表紙「King & Prince」 特集「“新常態”時代のエンタテインメント」
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

日経エンタテインメント! 2020年8月号 目次をみる(PDF)

日経エンタテインメント!2020年8月号

目次をみる(PDF)

発売日
2020年7月4日(土)
特別定価
780円
表紙
今日から俺は!!劇場版(賀来賢人・伊藤健太郎)

ご購入はこちら(日経BP SHOP) ご購入はこちら(Amazon) ご購入はこちら(楽天ブックス) ご購入はこちら(セブンネットショッピング) お得な年間購読のお申込

特集 映画・ドラマ・配信ほか 夏の超新作カレンダー
表紙 今日から俺は!!劇場版(賀来賢人・伊藤健太郎)

表紙&巻頭特集は『今日から俺は!!劇場版』。2018年のテレビドラマがヒットし、7月に公開される映画の全貌を、賀来賢人・伊藤健太郎・清野菜名・橋本環奈ほか主要キャストのインタビューと、福田雄一監督などスタッフ取材から明らかにします。特集は7~8月にお目見えとなる映画、ドラマ、配信などの作品を一気に紹介する「夏の超新作カレンダー」。ヒットシリーズの最新作『コンフィデンスマンJP プリンセス編』など、注目作をまとめました。このほか、デビュー作のミリオンヒットを受けて勝負の2ndシングルをリリースするSixTONESのほか、SEKAI NO OWARI、田中みな実&弘中綾香、岡田健史、氷川きよしらがインタビューに。今年話題となった『映像研には手を出すな!』に続き、新作『日本沈没2020』が控える「アニメ監督・湯浅政明研究」、YOASOBI、瑛人など外出自粛期間にブレイクした新顔をまとめた「“ステイホーム”が生んだ新才能」などの企画も。

8月号の主な記事をピックアップ!

総力特集今日から俺は!! 劇場版あの“ツッパリ”たちの夏映画を徹底解説

誌面:今日から俺は!! 劇場版

2018年10月期視聴率首位、dTV総合視聴&U-NEXT年間ドラマで1位など福田雄一監督最大のヒット作となった連続ドラマ『今日から俺は!!』。原作は1980年代のツッパリたちの高校生活を描いた西森博之の同名コミックで多くの若手俳優たちをブレイクへ導いた同作の完全新作が7月、劇場版へ。その全貌を、監督、プロデューサー、キャストらの取材から明らかにしていく。


特集夏の超新作カレンダー劇場・撮影も再開!待望の新作ラッシュへ

誌面:夏の超新作カレンダー

ようやくエンタテインメント界が動き始めた。座席数などに制限があるものの映画館や劇場が再開、ドラマなどの撮影もスタートしている。これに伴って、待望の“新作”が帰ってくる。映画ではファミリーで楽しめる夏休み作品や、この季節ならではの青春ものやホラーが公開。ドラマも『半沢直樹』をはじめとする話題作が7月から登場。配信もオリジナル作が目白押しだ。この夏、絶対見たい新作を一気に紹介する。


インタビューSEKAI NO OWARIデビュー10年で手掛けた新作はセカオワ史上最も時間をかけた1曲

誌面:SEKAI NO OWARI

2010年にインディーズデビューを果たしたSEKAI NO OWARIが10周年を迎えた。そのタイミングで出した新曲は、自らが「シングルではあまり作ったことがない」という曲になっている。新曲が出来上がるまでの過程、そしてバンドとしての過去と未来について話を聞いた。


新連載テレビ業界メッセンジャー(仮)VOL.1

誌面:テレビ業界メッセンジャー(仮)VOL.1

目まぐるしく変化しているテレビ業界。近年は配信コンテンツとの境目もなくなり、番組の在り方も多様化している。放送作家として20年間テレビの世界に身を置き、第一線で活躍する一方、YouTubeの番組も多数担当しているカツオ氏と、芸人として23年のキャリアがあり、現在は放送作家の仕事を本格化させている宮地ケンスケ氏に、テレビについてのあれこれを聞いていく。


研究アニメーション監督 湯浅政明の仕事

誌面:アニメーション監督 湯浅政明の仕事

今年1月期の『映像研には手を出すな!』がヒットし、7月9日からは1970年代のベストセラー小説を原作とした『日本沈没2020』がNetflixで配信するなど、大きな注目を集めるアニメーション監督・湯浅政明。本人およびクリエイターたちのインタビューから、湯浅が作る作品の魅力をひもといていく。


特集〝ステイホーム〟が生んだ新才能

誌面:〝ステイホーム〟が生んだ新才能

新型コロナウイルスの影響で〝ステイホーム〟を余儀なくされたこの数カ月。イベントやライブができない一方で、テレビやネットの視聴は増加した。そして、配信作品などではアーティストや俳優など新顔のブレイクも。巣籠もり期間に現れた新たな才能は、どんな強みを持っていたのか?


インタビュー田中みな実×弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)将棋の解説みたいに、“あざとポイント”を明らかにします(笑)

誌面:田中みな実×弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)

“あざとい女”のエピソードをミニドラマ化した映像を見て、その生態を解説し、本人たちも開き直っておしゃべりを繰り広げる『あざとくて何が悪いの?』(テレ朝系)。この番組で共演するのが、「好きな女性アナウンサー」2トップの田中みな実と弘中綾香。この特番の第3弾放送を前に、あざとさをテーマに2人が語る。


注目作研究富豪刑事 Balance:UNLIMITED『SAO(ソードアート・オンライン)』伊藤智彦監督が筒井康隆の名作を大胆アニメ化

誌面:富豪刑事 Balance:UNLIMITED

筒井康隆の人気ミステリー小説『富豪刑事』(新潮文庫)が『SAO(ソードアート・オンライン)』『僕だけがいない街』などのヒットメーカー伊藤智彦監督の手で初テレビアニメ化。真逆の2人が、1970年代から2020年代に舞台を移し躍動。OP主題歌のSixTONESのインタビューも掲載。


インタビューSixTONESアニメ主題歌で探るグループの可能性

誌面:SixTONES

デビュー曲が初週にミリオンヒットを打ち立てたSixTONES。桁外れのセールスパワーを見せた彼らが7月22日にセカンドシングル『NAVIGATOR』をリリースする。『富豪刑事 Balance: UNLIMITED』の主題歌になった同曲は、グループにとって1つの試金石となりそう。SixTONESそのものとの親和性や楽曲に込めた思いを語り下ろす。


インタビュー氷川きよし不思議の国の氷川きよし

誌面:氷川きよし

今年デビュー20周年を迎えた、演歌界の貴公子・氷川きよし。6月に、自身初となるポップスアルバムをリリースした。なぜ今なのか。どこかベールに包まれている彼に起きている不思議な変化。その奥にあるものに迫った。


インタビュー岡田健史話題作への起用が相次ぐ“大型新人”の成長の軌跡

誌面:岡田健史

18年のドラマ『中学聖日記』で鮮烈デビューを果たした岡田健史。その後も注目作への起用が続き、今年は3本の連ドラと5本の映画が公開予定。21歳になった大型新人の知られざる転機と見据える未来とは。


 UP