Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!9月号予告 8月3日(土)発売 表紙「星野源」 特集「変わる20代男性俳優の勢力図(仮)」
  • 4月27日(土)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2019 [夏]号
  • 4月23日(火)発売 日経エンタテインメント!乃木坂46 Special
  • 3月28日(木)発売 ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクトガイド 第一章~最終章
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 次代を切り開くエンタキーワード!
表紙 IZ*ONE

表紙&インタビューはIZ*ONE。昨年10月の韓国に続き、2月に日本でもデビューを果たした話題のグループが初登場。メンバー12人が過酷なオーディションから現在までの歩みを振り返ります。特製両面ピンナップ付きです。特集は「次代を切り開くエンタキーワード!」。ジャニーズ勢がバーチャルアイドル化、ボーイズラブの裾野が広がるなど、激変するエンタ界で注目の動きをキーワード仕立てで解説します。さらに、“本当に最後”の平成特集「平成ヒット30年史」では、ランキングとクリエイターの証言からこの30年を総括。「春休み映画カレンダー」では、広瀬アリス、北村匠海など話題作の出演者とともに、この春の必見作品を解説します。このほか、3年3カ月ぶりのアルバムをリリースするback number、結成30年を超えたさまぁ~ず、勢いに乗る関西Jr.からなにわ男子などのインタビューもラインアップ。今号も読み応えたっぷりです!

4月号の主な記事をピックアップ!

特集春休み映画カレンダー必見!本命は『ドラえもん』。〝マーベル〟〝キミツキ〟にも注目

誌面:春休み映画カレンダー

『マスカレード・ホテル』『七つの会議』など、1~2月興行は人気俳優の主演する邦画がけん引した。春興行はどうなるのか。ヒット期待作を紹介する。


インタビューback numberドームを経て始まった新たなステージ

誌面:back number

3年3カ月ぶりのアルバム『MAGIC』をリリースするback number。昨年は初のドームツアーを開催し、今やバンドシーンのトップに立つ。「今回は自分と向き合う時間が長かった」という中で生まれた新作は新境地といえる意欲作。制作を終えたばかりの3人に話を聞いた。


特集次代を切り開くエンタキーワード平成も最後!変わり始めたヒットの新鉱脈

誌面:次代を切り開くエンタキーワード

今号で創刊22周年を迎える『日経エンタテインメント!』だが、エンタ界は今、かつてないほどの勢いで「大激変」の最中にいる。この特集では、データや現象を基にキーワードをピックアップ。「真の人気者」や「新しいメインストリーム」などを解説していく。


インタビューさまぁ~ずオレら、YouTuberの先駆け?自然体で平成を駆け抜けた2人

誌面:さまぁ~ず

平成に変わる直前の昭和63年(1988年)にコンビを結成し、平成の時代に活躍してきたさまぁ~ず。コンビの歩みについて、そしてこれから…。平成という30年を語ってもらった。


インタビューIZ*ONE鮮烈に登場した次世代ガールズの先進性

誌面:IZ*ONE

韓国の人気番組『PRODUCE101』とAKB48グループがコラボレーション。過酷なオーディションを経て生まれた12人組のグローバルガールズグループ「IZ*ONE」。日韓で2人のプロデューサーが立ち、異なるコンセプトを同時進行で見せていく形式は、既存の多国籍グループとは全く異なる“進化系ハイブリッド”と言えるだろう。


特集平成ヒット30年史ランキング&証言で振り返る

誌面:平成ヒット30年史

多くのヒットが生まれた平成のエンタテインメント界。バブル景気、長引く不況などの景気動向に影響を受ける一方、インターネットやケータイ、3DCGなど様々な技術革新によって作品作りの環境も変わってきた。CDセールスがピークを迎えた音楽界、月9とクイズが人気のテレビ界、ジブリとディズニーが強かった映画界など、各業界のランキングやヒット作品を一挙に紹介。3人のヒットメーカーによる「平成の証言」もお届けする。



 UP