Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!5月号予告 4月4日(木)発売 表紙「欅坂46」特集「人気者の進路(仮)」
  • 1月18日(金)発売 映画刀剣乱舞 オフィシャルガイド
  • 12月11日(火)発売 大人のロック!編 ザ・ビートルズの世界地図
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

特集 ソロ活動という選択
表紙 櫻井翔

表紙&インタビューは櫻井翔。『NEWS ZERO』キャスター業が、この秋で10周年。アイドルとして初めて「報道」の現場に踏み込んだ彼が感じたものとは? もちろん、今年のライブや発売を控えるニューアルバムなど、嵐の活動もたっぷり語ります。特集は「ソロ活動という選択」。報道、アート、スポーツなど、様々なジャンルで活躍するアイドル&芸人の“ソロ活動”にスポットを当てました。横尾渉(Kis-My-Ft2)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、白石麻衣(乃木坂46)なども1人での仕事を語ります。さらに興行収入100億円を突破した『君の名は。』の大ヒット分析や、新作『Light Up The New world』から、原作マンガ、過去のドラマや映画、舞台まで、『デスノート』の徹底研究も。インタビューではAAA、市川海老蔵らも登場します。

11月号の主な記事をピックアップ!

作品研究『君の名は。』&新海誠最速100億円突破~今年最大のヒットはどのように生まれたか

誌面:『君の名は。』&新海誠

公開わずか28日間で100億円を突破。その勢いは留まることを知らず、もはや社会現象にもなっている長編アニメーション映画『君の名は。』監督は、アニメファンや海外の映画祭などで高い評価を得てきた新海誠。たった1人で映画作りを始めて14年、彼とその仲間たちはこの奇跡をどのように起こしたのか。


特集デスノートワールド10年を経てリブートできる強さの理由

誌面:デスノートワールド

デスノートの力で世界平和を目指し“キラ”と呼ばれた夜神月とそれを阻止しようとした世界屈指の名探偵L。「正義」を懸けた天才2人の死闘を描いた映画から10年。その続編映画が、10月29日から全国で公開される。マンガを核に映画、アニメ、ドラマ、ミュージカルへと多角的に広がり続ける『デスノート』現象を検証する。


特集ソロ活動という選択男女アイドルもお笑い芸人も団体戦から“個人戦”へ!? 新たな面を見せるソロが活況

誌面:ソロ活動という選択

グループに所属するアイドル、コンビである芸人のソロ活動の場が急激に拡大している。スポーツキャスターや朝の情報番組のMC、ファッションショーでのモデル、長編小説の執筆など、新たなジャンルへと進出する人が後を絶たない。ソロ活動が活発化する背景と、成功する条件を探っていこう。


インタビューAAA10周年を超えて加速 初ドーム公演も目前

誌面:AAA

昨年10周年を迎え、今年初ドーム公演を行う男女7人組のパフォーマンスグループAAA(トリプル・エー)。彼らが歩んできた道のりと、その先に見据えるものとは。


インタビュー市川海老蔵「時代劇は必要」と13年ぶり連ドラ主演

誌面:市川海老蔵

10月クールの時代劇『石川五右衛門』で、市川海老蔵が13年ぶりに連続ドラマに主演する。自ら望んで働きかけ、制作が実現した。この作品に込める思いとは。


特集テレビ 秋 改編ガイドドラマは「痛快」、バラエティは「復活」がキーワード

誌面:K-POP新世代ファイル チャン・グンソク

この秋のテレビ改編では、ドラマもバラエティも期待が膨らむ番組がそろった。ドラマはオリジナルが増え、明るく痛快な作品が多い。バラエティは各局とも日曜を強化しており、ファンの多かった企画が複数復活する。それでは、どんな番組が登場するのかを見ていこう。


リサーチ声優アニメ出演本数ランキング2016男性 出演本数は櫻井がV3、一番手は梶がダブルスコアでトップ

誌面:声優アニメ出演本数ランキング2016

今年で5回目となる『日経エンタテインメント!』秋の恒例、声優のアニメ作品における「出演本数」と「主演&一番手」ランキング。対象の作品総数は昨年の調査より57本増え、計281作品に及んだ。上位には、声優ブームを引っ張る実力者たちがそろい踏みだ。


 UP