Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!7月号予告 6月4日(火)発売 表紙「新しい地図(稲垣吾郎・香取慎吾・草彅剛)」特集「タレントパワーランキング2019(仮)」
  • 4月27日(土)発売 日経エンタテインメント!海外ドラマSpecial 2019 [夏]号
  • 4月23日(火)発売 日経エンタテインメント!乃木坂46 Special
  • 3月28日(木)発売 ゲーム・オブ・スローンズ パーフェクトガイド 第一章~最終章
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

日経エンタテインメント! 2014年4月号 目次をみる(PDF)

日経エンタテインメント!2014年4月号

目次をみる(PDF)

発売日
2014年3月4日(火)
特別定価
617円
表紙
東方神起

ご購入はこちら(Amazon) ご購入はこちら(日経BP書店) お得な年間購読のお申込

表紙 東方神起
特集 スーパースターの成功法則

創刊17周年記念特別号の表紙は東方神起。日本進出からまもなく10年目を迎える東方神起が、決意表明として「今、言わなければならないこと」を語り尽くしてくれました。特写ピンナップ付きです。特集は「スーパースターの成功法則」。今年「周年」を迎え、第一線で活躍し続けている人気者たちの秘密を探りました。上戸彩、山口達也(TOKIO)、仲間由紀恵、くりぃむしちゅー、JUJUがインタビューで登場。『ぐるぐるナインティナイン』『ONE PIECE』などのヒット作や企業の研究も掲載しました。ニュースの顔はタモリ、吉高由里子、黒木華。米倉涼子が女優への道を語る連載「私の一期一会」がスタート。インタビューでジャニーズJr.(ジェシー/岩橋玄樹/安井謙太郎)、特集「ロックバンド最新勢力図」「女子アイドル卒業名簿2014」など読み応えたっぷりです。

4月号の主な記事をピックアップ!

インタビュー東方神起10年目の決意表明 今、言わなければならないこと

誌面:東方神起

04年に韓国デビュー、その翌年の日本進出からまもなく10年目を迎える。メディア露出が少なかった頃から、人づてに広まった評判はいまだに鎮まってはいない。音楽業界の勢力図を変えるまでに至らしめたのは、彼らの良質な歌とパフォーマンスだ。3月5日に出る新譜を入り口に、活動全般に対する現在の思いを聞いた。


特集女子アイドル卒業名簿2014この春は主力クラスが続々と新たな一歩を踏み出す

誌面:女子アイドル卒業名簿2014

女子アイドルには付きもののグループからの卒業。この春も多くのアイドルが新しい一歩を踏み出す。人気メンバーの卒業は本人だけでなくグループにも大きな影響を与える。特に今年は人気メンバーの卒業が目立つ。


特集スーパースターの成功法則第一線を走り続ける秘密は、世の中の変化に合わせた「適応力」

誌面:スーパースターの成功法則


スペシャルリサーチ全米歴代映画興行収入ランキング史上最高収益に沸くハリウッドのヒットの法則とは?

誌面:全米歴代映画興行収入ランキング

世界最大の映画マーケットである米国では、毎年600本以上の作品が公開されている。全米で人気がある映画は、いかにして生み出されるのか。最近の全米歴代興行収入ランキングの傾向を読み解くことで、今後のヒット作のキーワードやトレンドが見えてくる。


インタビュージャニーズJr.東京Jr.作戦会議

新たなデビューグループが発表されたり、定期イベントがスタートするなど、年頭から様々な話題を提供しているジャニーズJr.。こうした動きを彼らはどう感じ、捉えているのか。3人の注目メンバーを直撃した。


特集ロックバンド最新勢力図SEKAI NO OWARI、サカナクションに続くのは?

誌面:ロックバンド最新勢力図

90年代後半から00年代にかけて、フェスブームなどの追い風を受け大きなムーブメントとなったバンドシーン。最近はしばらく落ち着いていたが、再び盛り上がりつつある。データと関係者証言の両面から、新時代の主役を探る。


新連載米倉涼子 私の一期一会モデル失格から「女優宣言」へ

誌面:米倉涼子

連続ドラマ『ドクターX』シリーズは、高視聴率を連発。ミュージカル『CHICAGO』では、米ブロードウエイでアジア系初となる主役に抜てき──“主演女優”に米倉涼子ありき。1999年6月、「女優宣言」でモデルから女優に転身して15年。しかしその道のりは、順風満帆とは程遠かった。


 UP