Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!3月号予告 2月4日(月)発売 表紙「PRINCE OF LEGEND」特集「エンタ界“王子”の系譜」
  • 1月18日(金)発売 映画刀剣乱舞 オフィシャルガイド
  • 12月11日(火)発売 大人のロック!編 ザ・ビートルズの世界地図
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

日経エンタテインメント! 2013年9月号 目次をみる(PDF)

日経エンタテインメント!2013年9月号(完売しました)

目次をみる(PDF)

発売日
2013年8月3日(土)
特別定価
550円
表紙
指原莉乃

最新号のご購入(日経BP書店) お得な年間購読のお申込

表紙 指原莉乃
特集 アニメ・アニソン・声優の新常識30

表紙&インタビューは、AKB48総選挙でトップになった指原莉乃。AKB48グループの今後とあわせて、ホンネを語ってくれました。5年ぶりに活動再開するサザンオールスターズ、洋画界人気No1スターのベネディクト・カンバーバッチのインタビューも掲載。特集「アニメ・アニソン・声優の新常識30」は『進撃の巨人』から『あの花』『ブラコン』『黒子のバスケ』まで人気のアニメを総まくり。ヒットチャートを席巻するアニソン最新事情、声優出演本数ランキング、浪川大輔、花澤香菜ほかインタビューも満載。今号から美輪明宏、堂本光一、田村淳、ももいろクローバーZの4大新連載がスタート。堂本光一は5Pグラビア&ロングインタビューで「エンタテイナーの条件」を語ってくれました。特集「CM業界最前線」では今年のCMクイーン&キングのランキングを発表しました。

9月号の主な記事をピックアップ!

インタビュー指原莉乃“非主流派アイドル”が頂点に立つまで

誌面:指原莉乃

大島優子と渡辺麻友の激戦になるだろうという、大方の予想を覆し、「AKB48第5回選抜総選挙」で圧倒的な得票数でトップの座に着いた指原莉乃。しかし、この結果は偶然ではなく、多様なジャンルで努力を続けてきた結果だった。


インタビューサザンオールスターズ桑田佳祐が語る“5年ぶり活動再開への思い”

誌面:サザンオールスターズ

デビュー35周年、そして08年の「無期限の活動休止」宣言から5年、サザンオールスターズが帰ってきた。8月7日にニューシングル『ピースとハイライト』を発売。そして10日からは全国9公演のスタジアムツアーもスタートする。活動再開のきっかけは何だったのか? そして、5年ぶりの新曲で伝えたいものとは? 桑田佳祐がその思いを明かす。


特集アニメ・アニソン・声優の新常識30

誌面:アニメ・アニソン・声優の新常識30

声優が出演するイベントにはファンが押し寄せ、アニソンはヒットチャートを席巻。「アニメ」の人気拡大にともない、その力を加速させる「声優」「アニソン」の存在がクローズアップされている。“三位一体”の構造を解き明かすと共に、押さえておくべき最新事情と“新常識” を解説していく。


特集CM業界最前線人気CMと注目人が分かる!

誌面:CM業界最前線

長く続いた景気の低迷に加えて、2年前には東日本大震災に見舞われた日本。暗いニュースが続いてきたが、今年に入ってからは景気回復の兆しが報じられるなど、少しずつ明るさを取り戻しつつある。企業が“イメージ”の部分で予算を使うCMには時代の気分が表れてくる。CM業界の今を探ってみた。


スター研究ベネディクト・カンバーバッチ今、洋画界で最も人気があるスターは英国出身の知性派ジェントルマン

誌面:ベネディクト・カンバーバッチ

ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』に主演して世界的人気の英国俳優ベネディクト・カンバーバッチ。この夏、話題の洋画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』では一転、悪役を演じることに。今回、来日した彼をたくさんの女性ファンが取り巻いた。この夏、日本でもカンバーバッチブームが加熱しそうだ。


映画研究ガッチャマンアニメ放送40年を経て、実写はここまで来た!

誌面:ガッチャマン

70年代の本格的SFアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』が40年を経て実写映画化。なぜ普通の若者5人がガッチャマンになったのか、敵を率いる首領ベルクカッツェの正体は…。新たな設定も加わり、大人から子ども、若いカップルまで楽しめる夏休み映画になっており、ヒットが期待される。


トレンド今年のスター キメ語録過熱する“キメ語ブーム”の裏事情を探る

誌面:今年のスター キメ語録

「じぇじぇ!」や「今でしょ!」のように、いまや国民的ヒット現象にはキメ語がつきもの。スマホやLINEといったSNSでユーザーが勝手に拡散してくれるから、話題があっという間に広がり、ヒット規模が拡大する。そのため最近の映画やドラマの宣伝では、流行語を狙ったキメ語が氾濫。このキメ語ブームはさらにヒートアップしそうだ。


連載ももいろクローバーZほか4大新連載スタート

誌面:4大新連載スタート

今号から美輪明宏、堂本光一、田村淳、ももいろクローバーZの4大新連載がスタート。


 UP