Twitter(ツィッター)始めました!アカウント名は「@nikkei_ent」です。

  • 日経エンタテインメント!12月号予告 11月2日(土)発売 表紙「嵐」 特集「最新ライブエンタのすべて(仮)」
  • 11月12日(火)発売 気ままに美波 浜辺美波・著
  • 8月22日(木)発売 大人のロック!特別編集 エルトン・ジョン ロケットマンの真実
  • 日経エンタテイメント!は、毎月4日発売です。

ENT!バックナンバーENT! バックナンバー

日経エンタテインメント! 2013年7月号 目次をみる(PDF)

日経エンタテインメント!2013年7月号(完売しました)

目次をみる(PDF)

発売日
2013年6月4日(火)
特別定価
580円
表紙
櫻井翔

最新号のご購入(日経BP書店) お得な年間購読のお申込

特集 ヒットの新定番100  表紙&独占ロングインタビュー 櫻井 翔(嵐)

誌面刷新スタート号です。表紙は嵐の櫻井翔さん。独占ロングインタビューは「変わる嵐/変わる自分」がテーマ。ワイドを含む特写はクールなカットが満載です。研究記事は、デビュー25周年を迎えたB'zの制作秘話やきゃりーぱみゅぱみゅのブレイクの秘密など。特集「ヒットの新定番100」では“今”のヒットを知るネタを100連発。「強すぎヒロインドラマ」「のどじまん発アーティスト」「ぽっちゃり女子」など注目のブームや人気現象をわかりやすく分析しました。また、今号から「今月のコンテンツガイド」を新設。テレビ・音楽・本・ゲーム・アニメ・映画のおすすめ新作を、インタビューやレビュー&コラムで紹介します。今月押さえておきたいコンテンツが一目でわかるお役立ちページです。

7月号の主な記事をピックアップ!

表紙&独占ロングインタビュー櫻井 翔(嵐)変わりゆくアラシ 変わりゆくジブン

これまでの健全なイメージを打ち崩すような、ドラマ『家族ゲーム』での怪演が話題。一方で、4月から始まったバラエティ番組のMCにも就任。ときを同じくして、嵐の他のメンバー2人も各々冠番組を持つことになった。嵐に何か変動が起きようとしている? 次のステップへ進もうとしている? そんな直感を櫻井翔にぶつけた。


研究B'zデビューから25年、52曲に秘めた思い

誌面:B'z

デビュー25周年を迎えるB'zが、オールシングル・ベストアルバムを2作同時発売する。88年にリリースされた記念すべきデビュー曲『だからその手を離して』から、最新曲『GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-』までシングル52曲を完全収録。彼らの〝歴史〟を網羅したこの作品群には、2人のどんな思いが詰まっているのか。B'zの活動を長らく追い続けてきた、音楽ライターの竹内美保氏に解説してもらった。


特集きゃりーぱみゅぱみゅ&miwaにみる
女性ソロシンガー ブレイクの方程式

誌面:きゃりーぱみゅぱみゅ&miwaにみる女性ソロシンガー ブレイクの方程式

AKB48をはじめとする女性グループ隆盛の昨今、女性ソロアーティストはその陰に隠れがちだ。そんな中、しっかりとブレイクを果たした新顔がきゃりーぱみゅぱみゅとmiwaの2人。支持を広げたカギはどこにあるのかを探った。


特集ヒットの新定番100ブームを拡散させる3つのR<リアリティー><リバース><リバイバル>

ヒットの新定番100

長きにわたる日本経済の低迷や、東日本大震災の影響を受けて、エンタテインメント界も停滞期が続いていた。しかし震災から2年がたち、政権が変わって、「アベノミクス」の効果を先取る形で、時代の気分は変わろうとしている。エンタ界においても、ヒットの新定番といえる人気作や現象が生まれ始めている。紹介する100個の新定番はジャンルごとにランダムに並んでいるが、そのキーワードを見ていくと、ジャンルを超越して共通する傾向が浮かび上がる。それが「3つのR」だ。


特集俺たち世界のナンバーワン!洋画・洋楽スター最前線~ベネディクト・カンバーバッチからワン・ダイレクションまで~

俺たち世界のナンバーワン!

『タイタニック』の262億円、バックストリート・ボーイズの150万枚── 1960年代に始まりバブル終焉後しばらくはハリウッド大作や米英ロック&ポップスが日本を席巻。 しかし2000年代後半になると、洋画&洋楽とも社会現象的なヒット作はそう現れず、「邦高洋低」時代が続いていた。 ところが今年は年明けから『レ・ミゼラブル』ほか洋画の興行が絶好調。 洋楽でもイギリス&アイルランド出身の5人組ワン・ダイレクションが女子高生を中心に20代の若い女性にウケ、躍進している。 この特集では、今覚えておくべき“洋ものトップスター”を一挙紹介する。


ガイド今月のコンテンツガイド~テレビ・音楽・本・ゲーム・アニメ・映画~

今月のコンテンツガイド

今号から新設された新作ガイドのコーナー。バラエティ・ドラマ・CM・邦楽・洋楽・マンガ・小説・ゲーム・アニメ・邦画・洋映の11ジャンルで、オススメ新作をインタビューやレビュー&コラムで紹介します。今月押さえておきたいコンテンツが一目でわかるお役立ちページです。

 UP