日経エンタテインメント!
主な記事をピックアップ!
【表紙/インタビュー・研究】

AKB48

〜“アイドル冬の時代”を強制終了させた
 スーパーガールズグループが
  支持される本当の理由〜

AKB48

売れないCDとレコード会社移籍、埋まらないライブ会場、“商法”に対するバッシング、そして『紅白』の落選……。2年前まで低空飛行だったアイドルグループが昨年大ブレイクした。夢を歌うのは簡単だが、かなえるのは本当に難しい。それを彼女たちはコンセプトの「会いにいける」を信じて、ファン一人ひとりと向き合いながら、奇跡的な実現に導いた。なぜ、彼女たちはブレイクしたのか。本人と識者の話から改めて問い直す。


【特集】

2010年
タレントパワー
ランキング

〜俳優・お笑い・ミュージシャン1115組の“人気偏差値”を大調査〜

誌面

今、エンタ界で知名度が高く、しかも多くの人々の関心を引きつける「人気力」を持つのは誰なのか。そして、その人気がグンと急上昇している旬の人は誰だろうか。エンタ!では、今年で3回目となる「タレントパワーランキング」を作成した。今回調べたのは、俳優、タレント、ミュージシャン、お笑い、キャスター・アナウンサー、スポーツ選手など1115組。3位はサザンオールスターズ、2位は嵐、そして1位は…。

☆PART1 男優編:ジャニーズ新世代が台頭、40代も奮闘

誌面
☆PART2 女優編:天海祐希が首位に躍進。U-25世代も台頭
☆PART3 ミュージシャン編:木村カエラ、いきものがかりが急浮上
☆PART4 お笑い編:“おなじみの顔”の実力を再評価へ?


【研究&インタビュー】
【1】大沢たかお

『JIN-仁-』出演までの苦悩、そして挑戦

大沢たかお

【2】岡田将生

映画公開が相次ぐ若手俳優の筆頭株

岡田将生

【3】阿部サダヲ

いやし系で女性に大人気の超個性派

阿部サダヲ

阿部サダヲ


【4】北乃きい

映画公開が相次ぐ若手俳優の筆頭株

北乃きい

【5】吉瀬美智子

30代でブレイク、その計算と強運

吉瀬美智子

吉瀬美智子


【6】川島海荷

CM、映画とステップ、10代女優の成長株

川島海荷

川島海荷


【7】レミオロメン

日常の“今”を歌う世界観に再び評価高まる

レミオロメン

レミオロメン


【8】木村カエラ

予想外の選択が生んだ『Butterfly』の大ヒット


【9】いきものがかり

10代が支持する“いそうでいない”存在感


【10】BIGBANG

出演ドラマ放送でさらに認知度UPへ


【11】博多大吉

自説を検証。26歳=転機は本当?


【特集】

テレビ【春】新番組〜
「リセット」の舞台裏

誌面

NHKの朝、大改編といわれた日テレ・TBSの19時台が見直されるこの春のテレビ。ドラマは恋愛モノが久々に活気をみせ、お笑いは、深夜で新たに人材育成する動きが見られる。その舞台裏を追った。


【特集】

ブーム突入!
ネオ韓国エンタ最新事情

誌面

10代20代といった若い女性が韓国からやってきた女性アーティストに夢中だ。5〜6年前の“韓流ブーム”に比べるとファンの年齢が若返っている。一方、『IRIS-アイリス-』は、韓国ドラマ初の地上波のゴールデンに進出。次々と新しい動きが起きている“ネオ韓国エンタ”の全貌はこうだ!


【特別付録】

AKB48パーフェクト名鑑

メンバー48人のプロフィール紹介に加え、南海キャンディーズの山里亮太氏が全員を解説。併せて、AKB逆引き辞典「誕生日編」「出身地編」「ニックネーム編」も掲載。

川島海荷


編集部より

 AKB48の表紙&特集には、エンタ!が持つリソースを全力で注ぎました。これだけ詰め込むと、次はどんな記事が作れるのか悩むところですが、締め切り翌日の横浜アリーナ公演で、様々な発表がありました。今年も人気投票でシングルを歌うメンバーを決める「選抜総選挙」を行うこと。夏には全国ツアー、タイ公演を行うこと。注目は、現在AKBの運営会社であるAKSに所属しているメンバー全員が芸能事務所へ移籍し、48人が名実ともに「芸能人」になることです。もともと、秋元康プロデューサーは、「AKBはショーケース」とおっしゃっていましたが、それが結実した形。AKBもメンバー個人も新しい局面を迎えることになり、しばらくは目が離せそうにありません。あ、名鑑も作り直さなきゃ。(上原太郎)

 『ネオ韓国エンタ』特集で各社を取材する中で、日本は“儲かる市場”だと、改めて痛感しました。東方神起のベストアルバムが日本では50万枚超のセールスを記録しましたが、韓国では“ベストアルバム”はほとんど出ません。なぜ、一度出したCDと同じ曲をまた買うのかと、私の韓国人の友人は首をかしげます。もっともな意見ですが、ベストアルバムってすごく便利なのに……。
音楽ダウンロードの料金は、例えば、韓国ではMP3ファイル1曲で、20円程度から(通信費別)と、日本より格段の安さ。音楽のライブイベントも、有料コンサートを開けるのは超メジャー級アーティストで、基本的には無料とのこと。各アーティストが多忙な中でも強行来日して、握手会などを開く背景には、そんなビジネス意識もありそうです。(白倉資大)

 今回で3年目の特集「タレントパワーランキング」。アーキテクト社が調査しているデータを、メディアではエンタ!が独占的に入手し、公表しているものです。業界的には、テレビ局・広告会社・映画会社・芸能プロダクションの皆さんが、ブッキングの参考や、所属タレントの動向を把握するために利用しています。
 この調査はもともと、「タレント自身が、世間でどう評価されているかを把握すべき」という発想で開発されました。実際には、タレントは自らの認知度や関心度に興味はあるものの、それに影響されたくないという思いもあります。
 そうした中で、「調査の結果を知りたい」と、初めて個人でデータを購入したのが大沢たかおさんでした。特集内のインタビューで登場いただいた大沢さん。自分を追い込める精神的タフさには改めて感服しました。(編集長・吉岡広統)

日経エンタテインメント!表紙
icon

さらに詳しい目次はこちらからご覧いただけます。

大沢たかお

大沢たかお

岡田将生

岡田将生

北乃きい

北乃きい

UVERworld

UVERworld

ナオミ・カメリア・ヤジマ

ナオミ・カメリア・ヤジマ

荒井 萌

荒井 萌

あべこうじ

あべこうじ

キム・テヒ

キム・テヒ

4Minutte

4Minute

ご購入はこちらから
このページのトップへ