日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!2007年4月号
ご購入はこちらから

目次

【表紙/インタビュー・研究】

オダギリジョー

映画・ドラマ・CMに引っ張りだこ
今最も旬な男の魅力とは?

【インタビュー・ピンナップ】

中川翔子

写真家・蜷川実花が撮った“新生しょこたん”

織田裕二

【インタビュー・研究】

織田裕二

40代を前に語る
アンチエイジング

【特集】

芸能プロ最新勢力図
芸能界を制するのは誰だ?

●ジャニーズ事務所:連ドラ主演占拠率No.1。勢いはどこまで続く?
●吉本興業:タレント800人を抱える業界最大プロダクションの悲哀とは?
●研音:志田未来、加藤ローサも獲得。主演クラスを次々送り込む秘密。

【特集】

ゴールデンウィーク映画ガイド

『スパイダーマン3』 
史上最高の製作費。主演のトビー・マグワイアが語る見どころ
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』 
プロデューサーが明かす製作秘話
『バベル』 
アカデミー賞作品賞を逃したブラピ主演作。その本当の評価は?
『パッチギ! LOVE & PEACE』 
映画賞を総なめした前作から2年、井筒監督の熱き思いとは?

『スパイダーマン3』 『パイレーツ・オブ・カリビアン 
ワールド・エンド』
『バベル』 『パッチギ! LOVE & PEACE』

【特集】

春の大改編!
テレビはこう変わる

・土曜夜のバラエティ番組、王者フジに日テレ、TBS、テレ朝が挑む。
・ドラマ復活は本物か? 注目は、『特急田中3号』(TBS)、『バンビ〜ノ!』(日テレ)。

『週刊オリラジ経済白書』『新報道プレミアA』

【特集】

創刊10周年記念 シリーズ連載

平成名作100選
第2回 J-POP編

「一発屋たちの輝ける名盤」「不況ニッポンを支えた応援歌」
「ジャニーズの知られざる名作」「小室哲哉プロデュース厳選5作」 ほか

【作品研究】

「プリズン・ブレイク シーズン2」 

いよいよ新シーズンが日本上陸、人気うなぎのぼりの理由

【インサイド】

「あるある大事典」 ねつ造問題から何が分かったのか?
「Rolling Stone」「Numero」・・・外国雑誌が続々日本上陸の裏事情

【新世代俳優ファイル】

栗山千明
国際的女優の新境地とは?

【モノナビ】

小型デジカメが人気復活の理由


 普段から仕事でめいっぱい接している割に、会社としての情報は意外と知らないのが芸能プロダクションの世界。日本では(というか、芸能界では?)他社のことはあまり聞かないのがエチケットになっている気もしますが、プロダクションの取り組みは、エンタ界が今後どうなるかにつながってくるので、警戒の視線が多々あるなか、取材を進めました(笑)。
 個人的に興味深かったのは、岡三証券の森田正司さんのお話。芸能プロは、基本的に固定資産が必要ない業態なので、キャッシュがどんどん貯まるのだそう。「ちょっと前なら村上ファンドとかが狙っててもおかしくない事務所がありますよ」とのコメントに思わず「へぇ〜っ」(笑)。ただ、株式公開と相性があまりよくないのもこの業界特有の傾向。森田さんいわく「株主の利益とタレントの利益をどこで折り合いをつけるかは、非常に難しい問題ですね」。
  確かに、「決算のための作品づくり」になると、クリエイターの寿命は縮まりかねない。ヒット産業の難しさが意外な角度から見えた瞬間でした。 (木村尚恵)

 見ている番組の"次"を意識したことはありますか? 今回、テレビ改編特集の取材で面白かったのが、局の編成の方々が考える「枠の意味」「縦の流れ」でした。改編とは局の"戦略"。土曜夜、23時台のように大きく変わったところもあれば、全く変わらない時間帯も。それには視聴率以外の理由も隠されているんです。
 日テレの沢さんによると"ザッピングしてマシなのを見る"という視聴習慣はなくなってきているそうです。でも、なんだかもったいない気がします。
 1番組ごとに内容の吟味から前後関係など多数意味づけされている。4月期の改編は週末が目玉ですから、「こういう意図があるのか」なんて謎解き感覚で3時間くらいテレビを見てみることをお薦めします。それをキッカケに新たな発見・・・好きな番組も見つけてもらえれば幸いです。 (平島綾子)

 3月からスタートした「エンタ検定モバイル」、もう"受検"していただけましたか? 第1弾の「テレビ編」に続き、4月から「映画編」が始まりました(アクセス方法はこちらをご覧ください)。「問題が難しすぎる(簡単すぎる)」「操作のココがわかりづらい」といったご意見、ご要望をお待ちしております。ちなみに今後も「音楽編」「本編」「その他編」と展開していく予定ですので、「こんな問題はどう?」なんて"出題"も大歓迎。 (編集長 大谷真幸)



さらに詳しい目次はこちらからご覧いただけます。

中川翔子

『プリズン・ブレイク シーズン2』

『ロッキー・ザ・ファイナル』

栗山千明

「エンタ!検定mobile」に参加するとゲーム機が当たる!

日経エンタテインメント!では、ケータイを使ってあなたのエンタ頭脳の全国ランキングが分かるエンタ!検定mobile」を実施中。
詳しくはコチラ!



Copyright (C) 2002-2007 Nikkei Business Publications,Inc. All Rights Reserved.